アドバイザリー

アドバイザリー

それぞれの専門分野を通じて、Lean In Tokyoの活動を支援してくださる方々をご紹介します。

田中 美和氏
株式会社Waris代表取締役共同創業者 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラー。1978年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。主に雑誌「日経ウーマン」を担当し、日本女性のキャリアとライフスタイルを広く取材。調査・取材等で接してきた女性の声はのべ3万人以上。在職中にキャリアカウンセラー資格を取得。女性が自分らしく前向きに働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て2013年総合職女性に時間や場所にとらわれにくいプロのお仕事を紹介する株式会社Warisを共同設立。第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション優秀賞受賞。著書に『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)。

Lean In Tokyo へ一言
「誰もがイキイキと自分らしく働き続けられる社会を創りたい」――私がWarisという会社を共同創業したのはそんな想いからでした。日本はまだまだ女性の継続就業率、管理職比率ともに低く力が埋もれてしまっている女性が少なくありません。女性が一歩を踏み出すことを応援する――Lean In Tokyoの理念に強く共感し、応援します。

松田 悠介氏
認定NPO法人 Teach For Japan理事長。日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、PricewaterhouseCoopers Japan にて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。Teach For Japan の創設代表者として現在に至る。日経ビジネス「今年の主役100人」(2014年)に選出。世界経済会議(ダボス会議) Global Shapers Community 選出。 経済産業省「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査委員会」委員。共愛学園前橋国際大学「グローバル人材育成推進事業」外部評価委員。京都大学特任准教授。著書に「グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」(ダイヤモンド社)」。

Lean In Tokyoへ一言
日々子ども達と向き合っていると、子ども達は本当に大人たちの姿から学んでいることを実感させられます。そんな子ども達に性別にかかわらず、すべての大人たちが生き生きとしている姿を見せていくのが最高の教育だと思っています。そういった社会を実現すべく活動をしているLean In Tokyoを全力で応援していきます。

鎌田 華乃子氏
幼い頃から社会・環境問題に関心があったが、11年間の会社員生活の中で社会問題解決のためには市民社会が重要であることを痛感しハーバード大学ケネディスクールに留学、行政学修士のプログラムを修了。卒業後ニューヨークの地域組織にて市民参加の様々な形を現場で学んだ後、2013年9月に帰国。コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンを2014年に立ち上げ、ワークショップやコーチングで、COの実践を広める活動を全国で行っている。また、留学を機に日本の女性が妻や母親という役割に縛られ、自分の人生を生きていない人が多いことに気づき「ちゃぶ台返し女子アクション」を2015年に立ち上げ。女性が生きずらさを自ら声に出し、共に声を上げることで、政策を変える力にまで結びつける活動をしている。現在は109年間変わっていない性犯罪に関する刑法改正を実現するキャンペーンを行なっている。

Lean In Tokyoへ一言
「女性が意志決定層(管理職や取締役)にいること」は日本社会では残念ながら、まだあまり重要視されていません。世界の半分は女性なのに、半分の視点や経験を生かせずにいます。未知の責任と領域に一歩踏み出すのはとても怖いですが、女性が意志決定層に増えることで、より多くの人たちが生きやすい会社、そして世界の実現につながると思います。女性の背中を押す活動をされているLean In Tokyoを応援します!

横田 和明氏
株式会社井之上パブリックリレーションズ 執行役員。日本PR協会認定PRプランナー。大手住宅メーカーを経て、独立系PR会社である井之上パブリックリレーションズに入社。これまでに国内外の製造業やソフトウェア、金融、デジタルコンテンツ、ベンチャー、ファンド、教育、観光、公的機関、各種協会など幅広い分野のクライアントの事業立ち上げや拡大、市場創造活動に関わる。Lean In Tokyoをはじめ、子どものいじめ防止やプロアスリートのキャリア形成や働き方改革推進など社会性の高いNPOや一般社団法人も支援。様々な組織で志を持って働く女性に数多く接し、活動実績や背景にある想いなどを社会に発信していくサポートをする。2016年に規制緩和プロジェクトで、国際PR協会や日本PR協会などのアワードで部門最優秀賞やグランプリを受賞。PRアワードグランプリ2018・2019審査員。日本マーケティング学会会員。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。

Lean In Tokyoへ一言
Lean In Tokyo立ち上げ期から様々な活動を見守ってきました。その中で、女性が一歩踏み出して挑戦できる社会は、性別や年代、環境などを問わず、挑戦しようとする個人の意思が尊重される社会に繋がっていくと感じています。Lean In Tokyoの活動は女性のためだけではなく、その先にあるよりよい社会のあり方を提言するものです。家族や友人、同僚など身近な人たちが、置かれている立場で感じている生きづらさがあるかもしれません。それを想像し、自分自身が何かできないかと考え、行動するために一歩踏み出す後押しをしてくれる。そのような存在であるLean In Tokyoの活動を、私は引き続き応援します。

タイトルとURLをコピーしました