loading image

About Us

LEAN IN とは?

Lean Inとは、一歩踏み出すこと・挑戦することを意味します。

全ては、2013年、Facebook COOであるシェリル・サンドバーグが”Lean In”という本を出版したことから始まりました。
彼女は、この本の中で、女性がどのようにしたら野心を忘れずに、自分がやりたいことを挑戦できるのか、キャリアを積んでいけるのかについて書いています。この本で推奨している「女性が野心を持って、挑戦することができる社会」を実現するために、シェリルは本のNext StepとしてLean In.orgを立ち上げました。女性が1人ではなく、コミュニティ・サークルを持ち、お互いが支え合うことによって、社会を変えていくことができると考えたからです。

こうして出来たLean In.orgはCommunity, Circles, Educationという3つの方法で女性をサポートしています。この中のCircleは、世界中で現在120ヵ国に約24,000個。それぞれが自主運営の形式をとり、女性が活躍できる社会を創出するために活動しています。活動は小さなグループでの週次のミーティングや、経験談をシェアしてネットワーキングイベントを実施したりと様々です。

Lean In Tokyoは、このLean In Chapterの一つとして、そして日本で唯一のRegional Leader Chapter (地域代表)として活動しています。

本の紹介

『LEAN IN (リーン・イン) 女性・仕事・リーダーへの意欲』は、女性が野心を持って挑戦することを応援するために書かれた本です。

新規大卒者の50%が女性となってから30年が経過したにもかかわらず、いまだにアメリカの政府や企業のリーダーの大多数は男性です。つまり、社会生活に 大きな影響を与える決定において、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いているのです。この問題は、日本ではより顕著です。

なぜ女性リーダーが生まれ にくいのでしょう? その原因はどこにあるのでしょう?

この問題は、各国の政策やシステムを変えるだけで起きる変化ではありません。女性が自信を持ったり、主張をしたりすることがSocial Norm (社会的通念)上「良いこと」とはされてこなかった歴史から、我々の考え方の中に、無意識に根付いている考え方を変えていく必要があります。

個人の意識を変えていくために、会社での交渉術、メンターの見つけ方、よいキャリア設計、「すべてを手に入れる」という発想をやめる……など、実際的なノウハウを、自分のキャリアと家庭生活と子育てを振り返りながら伝授している本です。TEDで200万回以上も視聴された動画から生まれた本書は、自分の目標に向かって一歩踏み出し、全力でゴールをめざす女性たちへ、また平等な世界を築きたいと考えている男性たちへ贈る強いメッセージです。

Lean In Tokyo とは?

Lean In Tokyoは、Lean In Chapterの一つで、日本で唯一Regional Leader (地域代表)として米国から選ばれており、東京を拠点として活動するChapterです。また、Lean In Asiaの日本代表メンバーとして活動もしており、港区男女共同参画センターにて「男女平等推進団体」としても正式に登録されております。
Lean In Circleは登録制で活動可能な団体ですが、日本で最も大きいChapterとして活動しています。Lean Inの理念と同じ「女性が野心を持って、挑戦することができる社会」を実現するために、「一歩踏み出すきっかけ」を与えるため、毎月のゲストスピーカーイベントやBi-Weeklyミートアップ、ネットワーキングイベントを開催しています。

東京は大都市であるがゆえ、新しい人に出会うチャンス、自分の意見を周りを気にせず大声で言うチャンスが少ないのではないでしょうか。女性は「自分の意見を言わないこと、従順であること」がまだ一部で美徳とされている日本社会の中で、自分の中に秘めているパワーを出し切れていない女性も多いはず。そして、そんな女性を応援したい男性も多くいるはずです。Lean In Tokyoでは、そんな人々がイベントなどを通じて繋がることで、女性が挑戦できる社会を少しずつ形にしようと考えています。

Lean In Tokyo 活動内容

Lean In Tokyoの活動内容は主に3つです。

  1. マンスリースピーカーイベント
    毎月ゲストをお呼びして、大人数のイベントを行います。Lean In Tokyoの立ち上げ時から、毎月継続して行われているイベントで、参加者が多い時は100人を超えます。
    野心・勇気・自信を持って挑戦しているゲスト(リーンインしているゲスト)をお呼びし、自らのキャリア・経験や考え方について語ってもらうことで、参加者が自らの人生で一歩踏み出す、リーンインするきっかけを提供しています。
    これまでのイベントについては、EventのPast Eventページからご覧いただけます。
  2. バイウィークリーミートアップ
    より少人数(5-10名)で、2週間に1度開催されるイベントです。リーンインの核となる考え方「ピアサポート(お互いを支え合うこと)」を実現するために開催されます。
    女性が定期的に集まり、交流し、建設的に話し合うことで、参加者それぞれの挑戦を支援するグループです。議論の際は、米国LeanIn.Org本部から提供されている資料を利用して、愚痴にならないように、「では、その課題・問題に対してどうすれば良いのか」と解決策までを話し合うようになっています。こちらは女性のみ参加が可能です。イベント開催日程については、Facebookページをご覧ください。
  3. Webサイト/SNS
    リーンインの考え方を日本でも広めていくため、WebサイトやSNSを利用した啓蒙活動をしています。
    Lean In Tokyoのメンバーが女性エンパワーメントに関する調査記事を書き、更新しているので、ぜひご覧ください。
    記事はArticlesから。

ぜひ多くの方のイベントの参加やボランティアとしての参加をお待ちしております。
また、ぜひこの活動をサポートしたい!という方がいらっしゃいましたら、下記メールアドレスまでご連絡ください。

Email: info@leanintokyo.org

Advisory Board Member

田中 美和氏
株式会社Waris代表取締役共同創業者 米国CCE,Inc.認定GCDF-Japan キャリアカウンセラー。1978年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、日経ホーム出版社・日経BP社で約10年編集記者。主に雑誌「日経ウーマン」を担当し、日本女性のキャリアとライフスタイルを広く取材。調査・取材等で接してきた女性の声はのべ3万人以上。在職中にキャリアカウンセラー資格を取得。女性が自分らしく前向きに働き続けるためのサポートを行うべく2012年退職。フリーランスを経て2013年総合職女性に時間や場所にとらわれにくいプロのお仕事を紹介する株式会社Warisを共同設立。第3回DBJ女性新ビジネスプランコンペティション優秀賞受賞。著書に『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)。

Lean In Tokyo へ一言
「誰もがイキイキと自分らしく働き続けられる社会を創りたい」――私がWarisという会社を共同創業したのはそんな想いからでした。日本はまだまだ女性の継続就業率、管理職比率ともに低く力が埋もれてしまっている女性が少なくありません。女性が一歩を踏み出すことを応援する――LEAN IN TOKYOの理念に強く共感し、応援します。

松田 悠介氏
認定NPO法人 Teach For Japan理事長。日本大学を卒業後、体育教師として中学校に勤務。その後、千葉県市川市教育委員会 教育政策課分析官を経て、ハーバード教育大学院(教育リーダーシップ専攻)へ進学し、修士号を取得。卒業後、PricewaterhouseCoopers Japan にて人材戦略に従事し、2010年7月に退職。Teach For Japan の創設代表者として現在に至る。日経ビジネス「今年の主役100人」(2014年)に選出。世界経済会議(ダボス会議) Global Shapers Community 選出。 経済産業省「キャリア教育の内容の充実と普及に関する調査委員会」委員。共愛学園前橋国際大学「グローバル人材育成推進事業」外部評価委員。京都大学特任准教授。著書に「グーグル、ディズニーよりも働きたい「教室」(ダイヤモンド社)」。

Lean In Tokyoへ一言
日々子ども達と向き合っていると、子ども達は本当に大人たちの姿から学んでいることを実感させられます。そんな子ども達に性別にかかわらず、すべての大人たちが生き生きとしている姿を見せていくのが最高の教育だと思っています。そういった社会を実現すべく活動をしているLEAN IN TOKYOを全力で応援していきます。

鎌田 華乃子氏
幼い頃から社会・環境問題に関心があったが、11年間の会社員生活の中で社会問題解決のためには市民社会が重要であることを痛感しハーバード大学ケネディスクールに留学、行政学修士のプログラムを修了。卒業後ニューヨークの地域組織にて市民参加の様々な形を現場で学んだ後、2013年9月に帰国。コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンを2014年に立ち上げ、ワークショップやコーチングで、COの実践を広める活動を全国で行っている。また、留学を機に日本の女性が妻や母親という役割に縛られ、自分の人生を生きていない人が多いことに気づき「ちゃぶ台返し女子アクション」を2015年に立ち上げ。女性が生きずらさを自ら声に出し、共に声を上げることで、政策を変える力にまで結びつける活動をしている。現在は109年間変わっていない性犯罪に関する刑法改正を実現するキャンペーンを行なっている。

Lean In Tokyoへ一言
「女性が意志決定層(管理職や取締役)にいること」は日本社会では残念ながら、まだあまり重要視されていません。世界の半分は女性なのに、半分の視点や経験を生かせずにいます。未知の責任と領域に一歩踏み出すのはとても怖いですが、女性が意志決定層に増えることで、より多くの人たちが生きやすい会社、そして世界の実現につながると思います。女性の背中を押す活動をされているLean In Tokyoを応援します!

Member

Rena Suzuki

Co-Founder
慶応義塾大学卒業。外資系投資銀行での勤務を経て、ベンチャー・キャピタリスト、コンサルタントとしてインクルージョン・ジャパンに勤務。

Lean In Tokyoを通じて、東京、日本、そしてアジアの女性が自由に自分のゴールに向かって挑戦できる社会を創っていきます。

Twitter: rena_rae07

Satoko Nakano

Co-Founder
早稲田大学政治経済学部卒業後、外資系広告代理店にて消費財ブランドのアカウントマネジメントを担当。2017年から2019年まで、アメリカ コロンビアビジネススクールにてMBA留学。

Lean In の活動を通して、日本の女性がより社会で活躍できる地盤作りをしていきます!

Yoshie Takao

Co-Founder
山口県出身瀬戸内育ち。京都大学農学部卒業。
現在は外資系メーカーにてeCommerce Supply Chain担当。

Daichi Matsuki

早稲田大学政治経済学部卒業。メーカー勤務。

自身のバックグラウンドとLean Inの本に共感して活動に参加。男性でも活動できるので、興味のある方のご参加をお待ちしております。

Chiaki Ishihara

上智大学外国語学部卒業後、公認会計士として大手監査法人に勤務。現在はITベンチャーに勤務し経営企画を担当。

一人でも多くの方が、自信を持って新しい一歩を踏み出せるような社会づくりに貢献できればと思っています。

Felix Wagner

東京育ちのドイツと日本のハーフ。ミュンヘン工科大学を卒業後、外資戦略コンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーに入社。

日本の社会、ビジネスにおいて、男性としても女性が平等に活躍できる環境を作ることが目標。

Risako Ninomiya

早稲田大学国際教養学部入学とともにハワイから帰国、現在大学3年生。在学中にイェール大学へ留学。教育事業である株式会社Culmonyの設立に参画。将来の夢は、世界中の子供達をつなぐこと。

大学生になり、男性の写真ばかり並ぶビジネス雑誌の表紙や、記事の主役はいつも男性であることに、違和感を覚えました。将来はキャリアも家庭も両立したいので、憧れる社会人女性が集まるLean Inのサークルに参加しました。Lean Inの活動を学生の間にも広め、女性の社会進出を一緒に盛り上げていきたいです!

Mamina Yokota

名古屋大学法学部卒業。

現在は関西の日系メーカーでグローバルHRを担当。Lean In Kobeを企画中。

Lean Inの本に共感して、”自分を超える挑戦をし続けたい”と考えるようになりました。Lean In Tokyoの活動を通して、誰もが一歩踏み出すことを楽しめる社会にしていけたらと思っています。

Yui Aiyama

慶應義塾大学生

Kanako Shibano

大阪出身。中学卒業後、アメリカへ留学。Lafayette College国際関係学部、経済学部を卒業後、帰国。現在は、日系金融機関に勤務。

Lean In Tokyoでの活動から、一人でも多くの方が「自分らしく」「自信を持って」新しい一歩を踏みだせる社会の実現に貢献できればと思っています。

Haruka Shirokawa

昭和女子大学心理学部卒。大手機械メーカー勤務。人材育成、カスタマーセンター運営管理に従事。

Lean in Tokyoの活動を通じて、女性、そして誰もが自由に活躍できる場所づくりに貢献できればと思います。

Hiro Herfert-Koyama

ドイツのESBビジネススクール、Northeastern大学卒業後、日本に移動。現在はEYトランザクション・アドバイザリーに勤務。

ヨーロッパと比べ、日本における男女格差が大きいと感じています。その状況をLean In Tokyoの活動を通じて改善したいです。

Yutaro Nakano

早稲田大学国際教養学部4年。

男性も女性もお互いに、一歩踏み出すことをサポートしあえる社会にしたいと思っています。その中でも特に男性側から、自分が女性の活躍をサポートするために出来る事はなんだろう?と問いかけられる人を増やしていきたいです。

As a participant in Lean In’s Circle program, Lean In Tokyo is using Lean In’s name, program logos and other branded materials under a license from LeanIn.Org. Although Lean In Tokyo is an independent group, and LeanIn.Org does not control its activities, Lean In authorizes Lean In Tokyo use of Lean In branded materials as a part of its growing community. Visit leanin.org/circles to learn more about Lean In Circles or to join or start your own.