loading image

1月 Lean In Tokyo ネットワーキングイベントレポート

  • Home
  • Past Events
  • 1月 Lean In Tokyo ネットワーキングイベントレポート

1月 Lean In Tokyo ネットワーキングイベントレポート


1月 Lean In Tokyo ネットワーキングイベント

Lean In ワークショップで目の前の課題を解決!

 

1月28日、Lean In Tokyo初のネットワーキングイベントをベイン・アンド・カンパニー東京オフィスにて開催いたしました。スタッフの予想を上回る反響で、お越しいただいた方は男女70名以上。会場の椅子が足りなくなるほどの大反響で、参加者の方の笑顔と熱気に終始包まれました。

当日は、実際に世界のLean Inコミュニティーで行われている、キャリアの悩みを解決するワークショップや、Lean In Tokyo流のスペシャルなビンゴ大会、軽食を交えた懇親会を行いました。今回はCo-Founderの中野・鈴木のアイデアで、他国のLean Inコミュニティーで実際に行っている「アプリシエイティブ・インクワイアリー」のワークショップを実施。「アプリシエイティブ・インクワイアリー」とは、問題解決の考え方の手法の一つで、今自分が悩んでいる課題を他者と共有することで、ポジティブな解決策やチャンスに目を向けることができるようになります。今回は、1テーブル5〜6人でグループに分かれ、参加者の皆様に、日頃抱えているキャリアについての悩みを本音で共有していただきました。

各テーブル1名の悩みにしぼり、皆でその方の課題に真剣に向き合います。課題は、1日の時間の使い方から自分の第一印象のあげ方まで、グループ毎に様々。筆者が参加したテーブルのテーマは、「組織の中での自分の生かし方」でした。会社勤めをしていると、なかなか自分の思った通りにはキャリアを進めるのは難しいもの。自分はスペシャリストとしてやっていきたいけれど、会社から求められる役割は管理職になってしまった場合どうすればいいのか。なかなか難しいテーマですが、たまたま同じテーブルでご参加いただいたLean In Tokyoスポンサー企業の横山社長がとてもよいアドバイスをくださっておりました。それは、「”or”でなく”and”という選択肢を持とう」というもの。スペシャリストかジェネラリストか選ぶのではなく、両方できたほうが視野が広がるというご意見です。横山社長のご自身の経験から、キャリアは1本線ではなく複合的に考えた方がうまくいくことを熱く語ってくださいました。他にも、8月のLean In Tokyoイベントに登壇してくださったベイン・アンド・カンパニーの塚本様、大和様もいらっしゃってくださいました。

このように、多様な立場の人の視点を取り入れて、現状を見つめ直せば、新しい発見や悩み解決の糸口が見えてくるはず。今回は、ワークショップが終わった後も、参加者同士で熱心に語り合う様子が見られ、そのポジティブなエネルギーに圧倒された2時間半でした。

 

次回のイベントは2月18日。日経CNBC史上最年少女性委員・崔真淑氏が語る「女性のキャリアとマクロ経済から見る女性活躍について」というテーマのイベントを開催しますので、今回ご参加が難しかった方もぜひ、お運びください。皆様とお会いできることを楽しみにしております。

 

 

Related post

X