loading image

Lean In Tokyo 国際男性デー:「昭和と平成時代で拭いきれなかった社会的常識を、令和で乗り越える!」

  • Home
  • Lean In Tokyo 国際男性デー:「昭和と平成時代で拭いきれなかった社会的常識を、令和で乗り越える!」

Lean In Tokyo 国際男性デー:「昭和と平成時代で拭いきれなかった社会的常識を、令和で乗り越える!」


【11/17 Lean In Tokyo 国際男性デー記念イベント「昭和と平成時代で拭いきれなかった社会的常識を、令和で乗り越える!」】
「男らしさ」「女らしさ」のようなバイアスに違和感を感じている方、企業でダイバーシティー推進を担当されている方必見!
Lean In Tokyoは「国際男性デー」を記念し、すべてのジェンダーの人々がその枠組みを超えて自分らしく挑戦するきっかけ作りを行うべくイベントを開催致します!

今回は「男性育休」「夫婦の苗字のあり方」など、まだまだ日本では課題のあるテーマについて語っていただける豪華ゲストをお迎えし、特に男性を取り巻く様々なしがらみに主眼を置きながら、すべての人が生きやすい世の中の実現に向けて社会を後押しする方法を考えていきます。
イベントに向けて事前にLean In Tokyo独自の意識調査を実施。データをもとに今の社会の意識を分析し、一歩踏み出す方法を考えていきます。

「もう令和だし」、昭和、平成の時代で拭いきれなかった社会的常識を乗り越え、「男だから」「女だから」を理由にブレーキを踏まなくても良い社会にしていきませんか?
イベントではLean In本部公認ワークショップ、“バイアスを乗り越える50の方法“も実施。
男性、女性関係なく、皆様にお楽しみいただける内容をご用意しております!

◆どんなことをするの?
・Lean In Tokyo概要説明
・ゲストトーク「令和時代に男性が考えたい 仕事と家庭の両立とは」:塚越学様(東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部/チーフコンサルタント、NPO法人ファザーリング・ジャパン/理事) (約40分 質疑応答含む)
・Workshop “バイアスを乗り越える50の方法“ (約40分)
・パネルディスカッション:西村創一朗様・松尾ポスト脩平様・Lean In Tokyoメンバー (約60分 質疑応答含む)

◆以下に該当する方は是非お越しください!
・「男性らしさ」「女性らしさ」のような社会的バイアスに違和感を覚えている人
・ジェンダーという枠組みを超えて自分らしく挑戦したい人
・上記の方々を支える仲間(家族、パートナー、友人、同僚等)
・挑戦するきっかけ、一歩を踏み出すきっかけを掴みたい
・一歩踏み出したい仲間を支えたい、一緒に挑戦したい人
・Lean In Tokyoについてもっと知りたい人

社会人、学生、ジェンダー、年齢問わず、ご興味のある方は是非ご参加下さい!

◆登壇者一覧(五十音順)
【ゲストトーク】
・塚越 学氏(東レ経営研究所 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部/チーフコンサルタント、NPO法人ファザーリング・ジャパン/理事)
企業・労組・自治体に対し、人財開発・働き方改革・管理職改革に関する講演やコンサルティングを数多く実施。三児の父親でそれぞれで育休を取得。
内閣府男女共同参画推進連絡会議議員、東京都男女平等参画審議会委員などを歴任。
「パパとママの育児戦略」(repicbook)共著、「新しいパパの教科書」「新しいパパの働き方」(ともに学研教育出版)共著、「育児&介護を乗り切るダイバーシティ・マネジメント イクボスの教科書」(日経BPマーケティング)監修などメディア掲載・出演多数。

【パネルディスカッション】
・西村創一朗氏(株式会社HARES CEO 複業研究家/HRマーケター、NPO法人ファザーリング・ジャパン 理事)
株式会社HARES(ヘアーズ)を創業。ランサーズ株式会社のタレント社員1号。19歳で学生結婚し、現在3児(10歳/7歳/2歳)の父。NPO法人ファザーリング・ジャパンの最年少理事も務める。
12月13日に自身初となる著書『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)を出版。

・松尾ポスト脩平氏 (WeWork Japan合同会社/東日本General Manager)
神奈川県生まれ。15歳でアメリカカリフォルニア州に、高校留学。ペパーダイン大学でジャーナリズムを専攻。アメリカで9年間、香港で5年半過ごした後、アメリカ人と結婚をして2017年に日本に帰国。苗字を松尾から松尾ポストに変えた際に、日本のジェンダーの枠組みに違和感を感じる。「男らしさ」「女らしさ」の様な社会的バイアスの壊滅に挑戦する、フェミニストとして活動中。
世界の男性にフェミニズムを勧める初書作、I Took Her Nameは2020年秋に出版予定。  

イベント概要
・日時:20191117()13:3016:30
・場所: 六本木レクシオン 東京都港区六本木3-16-26ハリファックスビル 8F
・会場定員:応募者多数の場合、先着順とさせて頂きます。
・服装:カジュアルでOK
・参加費: 社会人 1,000円 学生 500
*キャンセルの場合、ご返金は一週間前までとさせていただきます。
・持ち物:筆記用具

お申込み

下記Peatixリンクよりお申込みください。

https://leanintokyointlmensday2019.peatix.com/  

留意点
・イベント中、カメラ撮影が入り、Lean In Tokyoオンラインメディア上の記事(イベントレポート)等に掲載することがあります。
・イベント運営者側の都合により、イベント1週間前以降のキャンセルによる返金は致しかねます。
・当日30分以上遅刻をされる場合は、入館システムの都合上、受付にてお待ち頂く場合が御座います。
・お子様とご一緒に入場頂くことは可能ですが、寝具や遊具の用意は御座いません。イベントチケット申し込みの際にPeatixのメッセージにてお子様人数と年齢を御連絡下さい。
・営業目的、宗教・政治活動への勧誘目的でのご参加はご遠慮頂いております。

Event Gallery

X