loading image

S・サンドバーグから学ぶ、逆境を成長の糧にする方法

S・サンドバーグから学ぶ、逆境を成長の糧にする方法


今月文庫化された『LEAN IN』(『LEAN IN(リーン・イン)女性、仕事、リーダーへの意欲』)の著者であるFacebookのCOO 、シェリル・サンドバーグが執筆した『Option B(『オプションB 逆境、レジリエンス、そして喜び」』)をご存知ですか?すでにお読みになった方も多いかもしれません。『LEAN IN』の文庫本の発売をきっかけに私達の活動について関心を持って頂いた方々もいらっしゃると思うので、今日はシェリルの素晴らしいもう一冊の著作をご紹介させて頂きます。

「オプションB」とは、「思い通りにいかなかった場合の選択肢」のことです。あなたの人生で起こる出来事のうち、あなたがコントロールできる部分は実際のところどのくらいでしょう?自分にとって「最良の選択肢(オプションA)」を常日頃考えていても、想定外の出来事は大なり小なりいつでも起こり得ます。仕事での失敗、人間関係のトラブル、突然の病、大切な人の喪失、失恋、挫折…。もしそうした予期せぬ出来事が起きた場合、あなたは「オプションA」ではなく「オプションB(=思い通りにいかなかった場合の選択肢)」を選ばなくてはなりません。そう頭では分かっていても、あなたが悲しみに打ちひしがれ、それまで感じたことのないほどの絶望感を味わっていたとしたら、立ち直ることは容易ではありません。そんな困難を出来るだけ早く突破し、再び前を向いて進んで行けるようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

この著作でシェリル・サンドバーグは、突然最愛の夫を失ってからの苦悩、それを乗り越える過程を驚くほどオープンに読者に共有しています。また、共同著者の著名心理学者のアダム・グラントは、心理学的な研究事例をもとに私たちが「オプションB」を選ばざるを得なくなった状況でどう回復できるのかを紹介してくれます。アダムによれば、逆境に直面したときにどれだけ強く、素早く回復できるかを決める力(レジリエンス)を鍛えることは誰にでも出来るといいます。

シェリルが紹介する、自らが実践した悲しみの乗り越え方には、

・自分の気持ちを書き出して心を鎮める
・ネガティヴは感情にラベルを貼る
・コミュニティーでともに障害を乗り越える
等があります。

そしてもう一つは、本書の中心テーマに深く関係している
・逆境を成長の糧にする
があります。

苦しみから回復、そして成長ができる人の特徴が挙げられています。
 ・人間としての強さを自覚している 
 ・深い感謝の念を持つ
 ・他者との関係を深める
 ・人生により多くの意味を見出すことができる
 ・新たな可能性を見出すことができる

成長に繋げるレジリエンスとは、辛い状況を1人で耐え忍ぶことではありません。自分自身の感情と向き合うことに加え、自分の経験を他者と共有し、他者との繋がりを通して自分だけでなくコミュニティのレジリエンスを育むことなのです。

この本はまた、身近な人が苦しみを抱えている時にどのように接したら良いかというヒントも与えてくれます。

読書に集中するのに最適なこの季節。『LEAN IN』だけでなく、『OPTION B』も「この秋読みたい本リスト」に加えてみてはいかがでしょうか。シェリルの著書は、あなたの性別を問わず、私たちが生涯にわたって活かすことのできるたくさんの知恵と勇気を与えてくれることでしょう。また、彼女の著書を読みながら自分のこれまでの経験を振り返ることで、自分自身への理解を深めることもできるでしょう。

Related post

X